歯の健康を保ちましょう!知覚過敏の予防と治し方

あなたも知覚過敏かも?意外となりやすい知覚過敏

暑くなってくると食べたくなるアイスクリームや仕事終わりに飲みたくなるキンキンに冷えたビール。
ついつい口にしてしまう甘いものや冷たいものですが、そういったものを食べるときに歯にしみることがありませんか?

あまりに歯にしみる症状が続くと、むし歯かな?と思うかもしれません。
でも、ちょっと待ってください。
それはもしかしたら「知覚過敏」という別の症状かもしれません。

知覚過敏は、むし歯などと並んで現代日本人が罹患することの多いお口の病気です。
CMなどで耳にすることも多い知覚過敏ですが、どのような症状のことを指すのか皆さんは知っているでしょうか。

知覚過敏とは、食事や歯磨きの際に歯に痛みを感じる状態のことです。冷たいものや甘いものを口にすると特に痛みを感じやすいです。
症状自体は虫歯や歯周病と似ていますが、知覚過敏は虫歯と違って慢性的に痛みを感じることはなく、歯に刺激があるときのみ痛むのが特徴です。

歯が少し痛いぐらいなら問題ないな、と思ったそこのあなた!
じつは知覚過敏は重症化すると、治療のために歯の神経を抜く必要があることもあるほど、けっこう怖い症状なのです。
そのまま放置していると大変なことになるかもしれません…。

このサイトでは、知覚過敏の原因と発症の予防について説明するとともに、万一発症してしまった時のための治療法とそれにかかる費用について紹介します。

知覚過敏について正しい知識を身につけ、知覚過敏と縁のない生活を送りましょう!

そもそも知覚過敏って?

知覚過敏の症状は、むし歯と似て歯に痛みが出るといったものです。 普段は痛みがないので軽視されがちですが、重症化すると歯の神経を抜かなければならなくなることも…。 実は怖い知覚過敏について、その原因を紹介します。 まずは知覚過敏について正しい知識を身につけましょう。

お口の健康を保とう!知覚過敏の予防法

知覚過敏の原因は非常に些細なものが多いです。 そういった原因はちょっとした注意をはらうことで予防できます。 日々の少しずつの努力でお口の健康を保ちましょう。 知覚過敏の予防法で、日々の生活に取り入れやすい・簡単に行うことができるものをまとめました。

知覚過敏の治し方は?いくらかかるの?

知覚過敏を完全に予防することは残念ながらできません。 万が一知覚過敏にかかってしまったら、どう治せばいいでしょうか? 知覚過敏にかかってしまったときの治し方をまとめました。 歯医者を受診しなければできない治療法もありますが、お家でできる治療法もあります。

トップへもどる