一戸建ての修繕でコストを抑える準備と工夫

出来る限り安く!賢く!修繕費を抑えるコツ

戸建てでも必要?修繕費って一体何?

このコラムをシェアする

こんなに高いの?修繕費の相場を公開!

戸建ての住宅を手にいれてはや十数年経過した。もう新築とはいえないがまだまだ住める状態だと思いたい。しかし細部を確認すると住宅が劣化している様に感じるが、修繕するとどのくらいの料金が発生するのが分からずに困っている。
データによると20~30年以上住んでいる戸建てを修繕すると平均500~600万円ほど発生すると言われています。住宅のローンが20~30年で組まれているケースが多い事から、ローンを完済したとおもったらすぐに重い費用がのしかかってしまう。そう思いませんか?
充分な貯蓄があれば問題ありませんが意外と高額ですし、かといって修繕しないと住宅はどんどん劣化してしまい、場合によっては危険な状態に晒されてしまいます。

部分別の費用を知ろう

一言で劣化といっても、住宅の劣化場所は様々です。まずもっとも多いのが外壁の劣化です。見た目にもわかりやすくヒビ割れや色褪せといった劣化で、修繕費用は平均で150万円ほどです。外壁塗装は外観を整えるだけではなく雨漏りや断熱といった効果もありますし、建物の大きさによっては更に高額になる可能性もあります。
続いてあげられるのが屋根の劣化です。これも外壁と同じように分かりやすく費用は130万円程度です。
キッチンやお風呂、給湯機といった水回りも劣化しやすく費用は50~100万円ほどです。他にも床やベランダ、床下はもちろんですがシロアリ関連のトラブルも増えてくる様です。これらの平均費用は水回りと同じく50~100円ほどです。