飲んで健康!硬水ミネラルウォーター

ミネラルの効用

マグネシウム

マグネシウムは、人の身体の中に約25グラム存在しています。そして身体のすべての細胞や骨の中に、存在するミネラルです。それだけでなく、300種類もの酵素反応と呼ばれる反応に関わっています。
マグネシウムは人間の身体の中でとても大切ですので、人の身体は、血中のマグネシウムが不足した場合骨からマグネシウムを取り出して、血中のマグネシウムの量を保つ働きがあります。
マグネシウムの働きを見ていきますと、血圧の調整や筋肉の収縮、神経の伝達や心臓の機能の維持、神経伝達の制御の働きやたんぱく質の合成があります。
マグネシウムが不足すると、骨粗しょう症になりやすくなったり、心臓の疾患にかかりやすくなったり、筋肉の痙攣が起こりやすくなります。

カルシウム

カルシウムは人間の身体の中で、一番多く含まれているミネラル成分です。
大人の人の場合には、身体の中に約1キログラムものカルシウムが存在しています。
その中で、約99パーセントが骨や歯、残り1パーセントが細胞や血液中に存在しています。
カルシウムは、歯や骨の材料となるほか、抗アレルギー作用、ストレスなどを鎮め、神経を安定させたり、心臓の筋肉の機能を正常に保ったり、血液凝固を促進したり、体内のイオンのバランスを適性に維持したりします。

それだけ大切なマグネシウムやカルシウムは、現代の日本人には不足していると言われています。
現在では、通販などによっても外国産のミネラルウォーターを手軽に手に入れることが出来ます。
ご自分に合ったミネラルウォーターを見つけて、楽しんでみるのも、良いアイデアだと思います。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ