歯の健康を保ちましょう!知覚過敏の予防と治し方

>

そもそも知覚過敏って?

知覚過敏が起きている歯はどういう状態か

それではどのようなメカニズムで知覚過敏が発症するのか見ていきましょう。

まず、ヒトの歯の構造について説明します。
ヒトの歯は、外側からエナメル質・象牙質・歯髄(しずい)などからなっています。

エナメル質は歯の表面をおおっている部分です。ここは最も固い部分で神経が通っておらず、刺激があっても痛みを感じることはありません。
痛覚があるのは神経がある歯髄ですが、その外側の象牙質は神経に刺激を伝達しやすくなっています。
そのため、象牙質に強い刺激が加わると歯に痛みを感じます。

象牙質は通常、エナメル質でおおわれています。
そのため、ふつうは冷たいものなどが歯にしみることがありません。
しかし、この象牙質が何らかの原因で露出してしまうと、象牙質が敏感に刺激を神経に伝え、歯がしみるといった症状が出てしまいます。
これが知覚過敏です。

象牙質が露出する原因は何か

知覚過敏の原因である象牙質の露出は、様々なことが原因で起こります。

歯の破折
象牙質露出の直接的な原因としてまず考えられるのは歯の破折です。
歯が折れることによって表面を覆っていたエナメル質が欠け、象牙質が露出することがあります。

歯肉の退縮
じつはエナメル質は歯の表面すべてを覆っているわけではなく、歯ぐきが下がると象牙質が露出することがあります。
歯ぐき下がりは加齢や歯磨きのし過ぎ、歯周病などでおこります。
歯ぐき下がりが最も多くみられる知覚過敏の原因です。

エナメル質のすり減り
歯を酷使し続けたり、歯ぎしりをしすぎたりするとエナメル質がすり減り、知覚過敏の原因となります。
また、炭酸飲料の常飲など酸性度の強いものを日常的に口にするとエナメル質が溶け出し、知覚過敏が発症することがあります。

以上が知覚過敏の主な原因ですが、そのほかにも様々な原因で知覚過敏になることがあります。


この記事をシェアする

トップへもどる