歯の健康を保ちましょう!知覚過敏の予防と治し方

>

知覚過敏の治し方は?いくらかかるの?

軽度な知覚過敏の治療法と費用

知覚過敏の治療法で最も手軽なのは歯磨きです。
CMなどでも見かける知覚過敏用の歯磨き粉ですが、実は様々な効果があります。

・歯ぐき下がりの治療
歯ぐきの炎症を抑え、歯ぐき下がりを和らげます。
・歯の再石灰化
象牙質の再石灰化を促し、刺激が神経に伝わりにくくします。
・痛みを和らげる
硝酸カリウムという成分により痛みを感じとる神経の作用を抑えます。
継続的にこの成分で歯をおおうことで痛みを軽減します。

費用は歯磨き粉だけなので数百円です。
費用が安いのが利点ですが、日常的にかつ長期的に行う必要があります。

また、歯科で受けられる治療として、薬やコーティング剤を用いた治療があります。
歯の再石灰化を促し、露出した象牙質をコーティングし痛みを和らげる治療です。
薬やコーティングは歯ブラシなどで摩耗するのでこの方法は定期的に数回行う必要がありますが、歯磨きより少ない回数で治療できます。

費用は一回につき1500円ほどです。

重度な知覚過敏の治療法と費用

知覚過敏が重度の場合、歯の神経を抜いたりレーザーで象牙質を焼くといった治療が必要になります。

神経を抜く治療は知覚過敏に対しては有効ですが、治療後の歯は「失活歯」というものになります。失活歯は黒ずんだり、もろくなったり、むし歯になりやすいといった状態です。

また、レーザー治療は無痛治療かつ神経を残せる治療で非常に有用ですが、保険適用外となるため治療費は非常に高額となる場合があります。

歯の神経を抜く治療の費用は保険適用で、およそ2000円から5000円かかります。

レーザー治療の費用は、治療する歯の本数や治療にかかる時間などによっても変動するそうですが保険適用外で、5000円から20万円ほどかかるようです。


この記事をシェアする

トップへもどる